最終面接を乗り越えるために

これからの就職活動に向けて多くの学生が企業面接を受けられることでしょう。就職活動にて内定を獲得するには多くの企業が履歴書やオーダーシートからの書類審査を経て、一時面接、二次面接、そして最終面接を行います。当然、面接は書類などでは見えない本人の性格や態度、考え方や専門知識を兼ね備えているかなどを確認するために行います。自分達の会社が求める人材かどうかをより多くの人が異なる角度から受験生を審査するために数段階の面接が用意されています。初回の面接を付け焼刃でクリアしたとしても二次、最終などは役職者、重役を含めて行うため上辺だけの取り繕いでは通用しません。企業側は一般的な常識や受験する社内の知識がそれなりに備わっていれば、最後の面接では受験生本人の性格や学生時代の取り組み、考え方、その会社に入ればどのように貢献できるのか、を知りたいようです。よって受験生側も当り触りのない言葉を並べるより裸の自分をアピールし自分の本質を知ってもらうつもりで臨むことが重要です。